Japan International Child Health Association (JICHA)

研究会報告

 

第39回 国際小児保健研究会

The 39th conference of Japan International Child Health Association “Children affected by HIV/AIDS”

【テーマ】 子どもとエイズ

 「小児とHIV感染」は、国際保健、小児保健上の大きな課題です。
 今回は、HIV感染に関して、ザンビアでJICAプロジェクトを展開している石川尚子先生他にご協力いただき、小児のHIV対策、母子感染予防、Task shifting等の現状についてのご紹介と、幅広いディスカッションが行われました。

◆◆ 第39回国際小児保健研究会 ◆◆        

【日時】平成23年11月4日(金) 18:00-19:30
【場所】東京大学本郷キャンパス
     医学部教育研究棟2階第1・2セミナー室
東京都文京区本郷7-3-1 
【アクセス】東京メトロ丸の内線、都営地下鉄大江戸線 本郷三丁目駅 

 会長:中野貴司(川崎医科大学) 
*第26回日本国際保健医療学会(東京)に併せて開催します。

【プログラム】
「子どもとエイズ」 "Children affected by HIV/AIDS"
講師:石川尚子先生(国立国際医療研究センター派遣協力課)

参加費:無料 

お問合せ先:
第39回研究会運営委員長:高橋謙造
(国際医療福祉大学臨床医学研究センター 山王病院小児科)
k-takahashi_gh@iuhw.ac.jp (@を小文字に変えて入力してください)

ポスター(pdf 260 KB)

ポスター(docx 294 KB)

 (※日本小児科学会専門医認定医制度 8単位認定)

 ■第26回日本国際保健医療学会
    :http://www.ghtm.m.u-tokyo.ac.jp/index.html


 

Top of Page

最終更新日:2012/03/27