国際小児保健研究会(JICHA)とは...
「子ども、健康、国際」をキーワードとして小児科医を中心に、途上国における国際保健医療協力や小児保健医療に関する研究調査、活動、評価などに関する実践的研究を行っています。
2006
1月に日本小児科学会分科会として公認され、日本国内のみならずアジア、アフリカなど世界中に会員がいます。国際協力機構(JICA)、WHOやユニセフなどの国際機関、緊急災害人道支援など国際協力の現場経験をもつ会員と共に、在日外国人医療や海外渡航者の予防接種やケアに従事する開業医や地域病院医師も多く参加しています。「国際保健活動の計画・実施・評価に関して自由に議論する場を提供し、世界の子どもたちの健康のために邁進する」という目的のもと、海外での研究だけでなく、インバウンド、アウトバウンドなど国内の研究も含む年次集会(学術集会)を開催します。

ホームページ更新情報

1回日本国際小児保健学会学術大会を国立成育医療研究センターにおいて、下記の通り、開催します。

JICHA ジャーナルを第5巻1号を発刊しました。(2015.12.30)

早産児ホームケアガイド(5ヶ国語版)にリンクしました

リンクに、東日本大震災津波被災地等への診療応援に関する情報をアップしました。(2013.06.05

 ※ページが更新されない場合は、Altボタンを押しながら、ブラウザの更新ボタンを押して下さい。

コンテンツ

1回 日本国際小児保健学会 学術大会 2017

8月6日、抄録をアップしました。こちらをご覧ください。
大会抄録(pdf/2,581KB)

7月12日、一般演題募集を延長しました。こちらをご覧ください。
大会長挨拶(pdf/149KB)
事前参加登録のご案内、および演題募集要項(pdf/337KB)

526日、大会概要をアップしました。こちらをご覧ください。
Flierデータ(pdf/1,338KB
学術大会プログラム(word/39KB

1.会 期:2017826()

 

2.会 場:国立研究開発法人国立成育医療研究センター(東京都世田谷区大蔵2-10-1

 

3.テーマ:

「だれひとり取り残さない小児保健医療をめざして」

 

4.概 要:

1)基調講演、シンポジウム

2)一般演題:口演7題程度

3)参加費:1,000円

4)懇親会:826()18:00〜

 

5.プログラム

10:30-10:40 開会の挨拶
大会長:中村安秀(甲南女子大学教授・大阪大学名誉教授)
JICHA 代表:浦部大策(聖マリア病院 国際事業部)
 
10:40-12:00 一般口演
座長:石和田 稔彦(千葉大学真菌医学研究センター感染症制御分野)
吉松昌司(国立病院機構南京都病院小児科)

1. 我が国における小児結核とその動向〜国際保健という視点で〜
吉松昌司(国立病院機構南京都病院小児科)
2. 回虫感染と小児の反復喘鳴との関連について
−バングラデシュ農村での疫学調査 −(中間報告)
竹内治子(東京大学大学院医学系研究科国際地域保健学)
3. 三重大学医学部での海外臨床実習による効果
−次世代の国際協力、医学診療・教育・研究の国際化に向けて−
栗原康輔(四日市羽津医療センター)
4. 渡航小児に対する「子ども医療メール相談」
田中孝明(川崎医科大学小児科学教室)
5. 保護者向け啓発事業を国際保健分野にどう活かすか
坂本昌彦(佐久総合病院小児科兼国際保健医療科)
6. フィールドにおける介入評価の研究デザインに関する経験と考察
森臨太郎(国立成育医療研究センター・政策科学研究部)
7. ラオス・マホソット病院における「病院の質管理」改善プロジェクト
浦部大策(聖マリア病院国際事業部)
 
13:00-14:00 JICHA 総会
 
14:00-14:30 基調講演「だれひとり取り残さない小児保健医療」
座長:田中孝明(JICHA 副代表・川崎医科大学小児科)
演者:中村安秀(甲南女子大学教授・大阪大学名誉教授)
 
14:30-15:00 教育講演「わが国の小児保健・小児医療の課題」
座長:浦部大策(聖マリア病院国際事業部)
演者:五十嵐隆(国立成育医療研究センター理事長)
 
15:20-17:00 シンポジウム「国際保健の現場はこんなに楽しい」
座長:坂本昌彦(佐久総合病院国際保健医療科医員兼小児科医長)
高橋謙造(帝京大学大学院公衆衛生学研究科)
 
〔シンポジスト〕
堀内清華(帝京大学大学院公衆衛生学研究科)
神谷保彦(長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科)
カエベタ亜矢(新宿区保健所保健予防課)
野田信一郎(国立国際医療研究センター国際医療協力局連携協力部)
 
18:00- 懇親会

6.事務局
社会医療法人雪の聖母会聖マリア病院国際事業部 浦部大策

 

連絡先:聖マリア病院 国際事業部

電話:0942-35-3322 FAX0942-34-3336

E-mailjicha@st-mary-med.or.jp

JICHAジャーナル

国際小児保健研究会が定期的に発行するオンラインジャーナルです。(外部リンク)

活動実績

Bangladesh

バングラデシュ:保健教育の現場
-
中野貴司先生提供

会員へのお知らせ

·        会員へのお知らせ一覧

 


帝京大学HPより引用

https://www.teikyo-u.ac.jp/campus_news/itabashi/2015/0320_4242.html

入会のご案内

 途上国の子供たちの健康問題に関心のある方のご入会を多数お待ちしております。入会ご希望の方は、入会申し込みフォームをご利用頂きご記入の上Faxでご送信くださいますよう宜しくお願い致します。
なお、連絡は主にメーリングリストを通じて行っております。pdfファイルはこちら

会員からの投稿ページ

·        国際協力はじめの一歩
国際協力をこれから始めたい人へのJICHA会員からのメッセージ。

·        JICHA交流広場
国内で参加できる国際協力に関する
セミナー・研修会・交流会など。

·        インドネシア・バンダアチェにて国際緊急援助隊医療チームの活動報告をアップしました(2005.1.23

シェアしたいお写真、海外での経験談等ございましたら、下記のメールアドレスまでご連絡下さい。
e-mail:jicha_mail@yahoo.co.jp

関連書籍

·        お勧め書籍など
会員の皆様でお勧めの書籍があればご連絡ください。

Brazil
ブラジル:DPT接種風景
-
中野貴司先生提供

お勧めリンク集

ホームページで得られる海外子ども健康情報(中村安秀先生)をアップしました。(2004.03.21

 

国際小児保健研究会事務局

事務局連絡先
聖マリア病院 国際事業部 浦部大策 宛て
830-0047 久留米市津福本町422
電話:0942-35-3322(内線:2385・担当:緒方)
FAX
0942-34-3336